FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節の旅人

東方天空璋。
取り敢えずイージー全機体クリア。
四人×四季の16機、一日二機とかちょっとずつ埋めると精神的に楽。
ノーマルは春魔理沙でのみクリア。

今回の天空璋は簡単な部類、とよく聞く。
前回の紺珠伝があまりに難しかったので相対的にそんな評価なんじゃないかなと思う。
システムの季節開放(弾消し)を活用できないと、弾幕自体は結構難しいんじゃないかな。
スペプラの為にハードもやってみたけど弾幕の難易度は他の作品と比べても割と高め。

スペル中に季節開放で弾消ししても取得可能なあたり、
本当にガンガンこのシステムを活用する前提なんだと思う。

ただその季節開放も結構計画的に使わないといけないから、
パターンを組むまでが難しく、パターンを組めたら一気に簡単になるタイプの作品。
感覚的に似ているのは神霊廟だけど、あれよりかはミスによるパターン崩壊の影響が大分少ない。
あと弾が沢山ある所で高レベル季節開放をぶっぱするのはかなり癖になる。
どこで開放したらおいしいか探すのがとても楽しい。


キャラ
あうんちゃんが気に入った。
あうん自体は三面のボスだから体験版の時点で情報は出回ってたけど、
今回例大祭に行かなかったりweb体験版が無かったので製品版がほぼ初見だったので。
新キャラにこんなに可愛い娘がいたのね。
東方キャラでは珍しいあまり捻くれてない「いい子」。
二次創作の忠犬系椛の「文さま文さま~」が「霊夢さん霊夢さ~ん」になった感じ。
霊夢のエンディングにも出てきてそこでの台詞もね、いいんだ。
なんと言うか今回のキャラ同士のやり取りは「優しい世界」みたいなのがいつもより多い。
そしていつも通りな部分も健在である。
チルノのストーリーの会話はあれ絶対けものフレンズの影響受けてるよな。
チルノストーリーはギャグ的な部分が結構笑えた、五面とかバッドエンドとか。


音楽
特に気に入ったのは四面道中曲「幻想のホワイトトラベラー」と、
そのアレンジでスタッフロール曲の「白い旅人」。
あのメロディはかなり記憶に残る。
凄く爽やかで道中で弾幕を避けている時は爽快感があるし、
エンディングで聴けば「ああクリア出来たんだな」って達成感を感じさせてくれる。
そしてちょっと話題になっていた過去の曲とマッチする二曲。
今まで神社を見守っていたあうんの曲は「永遠の巫女」と、
幻想郷創造の賢者の一人である隠岐奈の曲は「ネクロファンタジア」と。
ZUNもこんな分かり易くクサイことするようになったんだなぁと思う。
六面ボス戦はネクロファンタジアを歌いながらやると楽しい。
他には五面ボス曲「クレイジーバックダンサーズ」。
あの怪しく不安定な雰囲気はハマる。



不具合がちょっと気になるから、
パッチが来るまではノーマル以上の攻略は止めて、スペプラ埋めかな。
むしろノーマルより先にEXをやるか。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

pictlayer
自己紹介

祷﨟

Author:祷﨟
どうか“mikatsuki-no-hora”
“tourou”と発音して下さい。

新しい記録
書架案内
訪れた人々
状況
月別の記録
検索欄
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。