FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロールアウト:ガンブラスター

ゾイドジェネシスのBDを見てからちょっとゾイドに対しての熱が上がってた。
所謂「本家」、トミーのゾイドを作ったのはもう十年以上前かな。

IMG_20170310_221737.jpg

ガンブラスター(アンキロサウルス型)
ガンダムとかミニ四駆とかで同名の物があるらしいけど、
僕にとって「ガンブラスター」と言ったらこいつ。
大体のゾイドが定価より大分高くなってる中、意外にお手頃なお値段で新品を入手。



IMG_20170310_222046.jpg

アニメには登場しないので、ゾイドサーガでその存在を知った。
「なんだこいつ!?このむちゃくちゃな銃の積みっぷりは!!」
違う形の様々な銃が無造作に突き出ているこの異様さ、「見てわかる強さ」とはこの事よ。
ジェノブレイカーに次いでパッと思い付く好きなゾイドです。


IMG_20170310_222013.jpg

今回は肉穴埋めもやった、本家ゾイドと言えば肉抜き穴だからね。
自慢のキャノンの数々も裏側を見れば穴だらけ。
と言っても埋めたのはほぼキャノン部分だけ。
足も酷いハリボテだけど短足故に目立たないし、
重くなって歩行に支障が出たら嫌だから(さぼりではない)。


IMG_20170310_222129.jpg

分割もへったくれもない大胆なパーツ構成なので塗装するとなるとマスキング作業が
まあ~~~~~ぁ大変だった。
マスキングを一番頑張ったのは足先部分、爪と足が一色なのはちょっと見栄え悪いからね。
爪をマスクして塗装とつや消し、次に爪以外をマスクして光沢。
達成感はあれど最中は本当に苦行。
角、爪、牙、棘は光沢を吹いてそれ以外はつや消し。
本当は棘の根本は銀とかで色分けしたかったけどちょっと大変過ぎた(これはさぼり)。
胴体のパイプだとかシリンダーのモールドもね。
バンダイとかのパーツ分割を丁寧にやってるプラモデルの優しさは凄いよ。
いや、ゾイドは対象年齢の低さ故の「組み立て易さ」が優先だったね、ゾイドも優しい。


IMG_20170310_222150.jpg

旧ゾイドの時はあったけどオミットされたと言われるパイプも再現。
パイプ増設も初めてやった、なんでもやってみるもんだ。
あと電源スイッチの裏も肉穴埋めやったんだ。
「ON/OFF」なんて彫ってあるし、そのままだと玩具感が凄い。
塗装でちょっとは緩和されたかな?


IMG_20170310_222323.jpg

ガンブラスターの目玉、合計二十門から成る「ハイパーローリングキャノン」。
一個一個ピンバイスで銃口を開けたり、作業して一番楽しかったかな。
一応それぞれに名前があるけど、どれがどれとは書いてないから僕の憶測で。
あとこっちにもオミットされたパイプ部分があるので再現。

(左写真)パッケージでも一番目につく太くて短い「サンダーキャノン」。
これにはドカンと大きな銃口を開けたかったけど、持ってるドリルが最大でも3mmしかなかった。
どうしても特別感を出したかったので二重の銃口になってるディテールアップパーツを使用。
内側を銀で塗ったのは大正解だった、ただデカい穴を開けるよりも強そう?
(中写真)一番上にある、先が潰れた形状の「ブレーザーキャノン」×2。
パッケージ裏のデータを照らし合わせると多分これはブレーザーキャノンであってると思う。
名前的に火炎放射機的なものなのかな?と思ってそれっぽいディテールアップパーツを。
こういうのを考えるのとっても楽しい。
(右写真)元はガトリングっぽいモールドがあったからガトリングにした「プラズマキャノン」。
一番謎なキャノン、「連装パルスビーム砲」かもしれない。
銃口が四つっぽい形をしていたけど、ちゃんと形成するのが大変そうだったので、
先を全部削り取ってガトリングのディテールアップパーツを。銃口が六つになった。


IMG_20170310_225059.jpg

コトブキヤのディテールアップパーツ。
パイプもそうだけどこう言う手軽に作り込めるアイテムほんと有り難い。


IMG_20170310_222100.jpg

角が生えてたり肉食系の口をしていたりどう見てもアンキロサウルスじゃないよね。
と、よく言われるらしい。
歯は銀色で。
角や爪に合わせるならば金だろうけど、金の歯ってちょっとどんな風になるか危うかったので銀。
水色の装甲は頭から背中まで一繋がりなので普通に考えればこいつは頭を横に振れない。
下手をしたら上下にも、もしコトブキヤのHMMで出たならどんなアレンジになるんだろう。


IMG_20170310_222247.jpg

四つ足の短足でゆっくりのっしのっしと歩くからゾイドの歩行の中ではかなり良い方だと思う。
動きの玩具っぽさ不自然さが割と薄いと言うか。
背中のキャノンはガンガン回りつつ重量感溢れる歩行。


作ってれば愛着が湧いてもっと好きになる。
好きなゾイド月間ランキング一位ですね。


一体作ると他のも欲しくなる。
次はモルガかゴルヘックスがいいな。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

pictlayer
自己紹介

祷﨟

Author:祷﨟
どうか“mikatsuki-no-hora”
“tourou”と発音して下さい。

新しい記録
書架案内
訪れた人々
状況
月別の記録
検索欄
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。