• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インストゥルメンツトーク

ギター弾いてますよ。
特にここ半年はギターを始めた頃と同じくらい熱心に弾いてる。

今練習してるのはこれ、


ニコニコにある東方アコギアレンジの中でもかなりクオリティの高い一つ。
楽譜をDLしたのはインストをやり始めてニコニコや個人サイトで東方ギターアレンジを漁ってた頃。
もう何年前か。
一年に一回位挑戦しては「やっぱ無理だ」と諦めてた。

その何年目かの挑戦で、今年はなんとか出来そうだったから頑張っている次第。
このアレンジ、伴奏部分が結構忙しくて兎に角覚えるのに一苦労なんだ。
メロディなら手数が多くてもなんとか感覚的に分かるけど伴奏だとちょっとね、イメージし難い。
だけど僕もそこそこギター歴が積もって来て、
最近漸く手元を見ないで弾くという事が出来るようになってきた。
暗譜と慣れではなく、楽譜を追いながら弾くって方の「手元を見ず」ね。
そのお陰で音の手数の多い曲を弾くのがかなり楽になった。
この東方緋想天みたいなね。
「見て、覚えて、手元見て弾く」っだったのが「見つつ、弾く」になる。

よく音楽を扱った漫画とかドラマとかで
「私が楽器に語り掛けると楽器がそれに応える」みたいなのあるじゃん?
いや、まだ僕はそんなカッコいい領域になんて行けていないけど。
でもそれに近い。
手元を見る事から解放されて脳の仕事が一つ空くと、
自分が弾いた音を聴く事に集中できるんだよね。
「演奏を楽しむ」というのは音を出す事じゃなくて
出した音を聴く事なのかな、なんて思った。
インストゥルメンツトーク、「ビブラート省くな!低音ブツ切れてるぞ!」。

そんな感じで久々のレベルアップを感じながら楽しんでいる。
東方緋想天の爽やかなメロディがもうとても気持ちいい。
あと間奏部分で入る低音弦+ハーモニクスの同時弾き。
ああいうテクニカルな小技っていいよね、ギターは小技が沢山あるから面白い。
もうちょいハーモニクスの音が大きく出ればいいかなって位までは出来てる。
今の課題は一小節だけ入る12フレットと15フレットの部分。
カポ3だから実質15と18だ、ハイフレットを要求される度にエレアコが欲しくなる。
あとアウトロ部分、ここは動画を見ても楽譜を再生してもなんかイメージが掴み難い。
感覚で何と無くではなく、楽譜のオタマジャクシをちゃんと脳内再生できるようになりたい。
もう一つ、テンポ、動画のはかなり速い。
現状はゆっくり、良く言えばしっとりバージョンで弾いてるから
動画のみたいな跳ねて踊るような雰囲気が最終目標だ。




ところで話は変わって、最近「Stairway to Heaven」にハマった。
何度か聴いた事はあったけど、そこまでピンとはこなかったんだ。
むしろRodrigo y Gabrielaのカバーの方をよく聴いてた。
突然その曲の魅力に気付くってパターン、よくあるよね?
やはりこの曲は凄い、もっと早く魅力に気付きたかったと思う程。
なんと言ってもサビのギターのカッコよさ。
たったあれだけなのになんであんなにカッコいいのか、ただただカッコいい。
その前の感情的なギターソロも、始まりからの哀愁漂うボーカルとリコーダーも、
最初から最後までスピーカーに耳を押し付けて聴きたい。
本当に素晴らしい曲だ、楽器屋で弾いてくるか。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

pictlayer
自己紹介

祷﨟

Author:祷﨟
どうか“mikatsuki-no-hora”
“tourou”と発音して下さい。

新しい記録
書架案内
訪れた人々
状況
月別の記録
検索欄
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。