FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1ミリ、違えば

クラシックギターの弦高を下げた。

IMG_20150806_210611.jpg


六弦を4.5mm→3.5mmに、一弦を4.0mm→3.0mmに。

これを買った当初は弦高が高くて凄く弾き難いとか思ったけど今ではもう気にならなく、
と言うかこれが普通なんだと思って自分の方が適応していっていた。
けど最近他人に高いと言われて「やっぱそうなのかな」と気になりネットで調べて、
やはり推奨される高さより高かった事を知って下げる事にした。
買ったそのままの状態だと大抵のギターは弦高が高いらしい。

自分でやるかなとか思ったけど、
デリケートな部分だし専門の人にやってもらうのが一番なので点検も兼ねて楽器屋へ。
値段も全然掛からずすぐに出来上がった。

こんなに変わるものなのか。
一二三弦が凄く押さえ易くなり、特に小指や薬指を使うのがスムーズになった。
這う様な動きが出来ると言うか引っかかりを感じなくなったと言うか。
その反面、5フレット以上で四五六弦を強く弾くとビビるようになってしまった。
これは想定していた事だし仕方ない、気になるって程ではないし。
あとフレットがピカピカになった。

もっと早くやってれば良かったなと思う。
たった一ミリと思うなかれ、やっぱり楽器は生物なんだなぁ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

pictlayer
自己紹介

祷﨟

Author:祷﨟
どうか“mikatsuki-no-hora”
“tourou”と発音して下さい。

新しい記録
書架案内
訪れた人々
状況
月別の記録
検索欄
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。