FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28

創世記Zi

ゾイドジェネシス全五十話観終わった。

バイオゾイド、「萌え」を意識したキャラ、そしてストーリー。
ジェネシスってもともとゾイドとして作る予定ではなかった企画らしい。
異色作ってやつだ。

ストーリー
中盤、ディガルド討伐軍を立ち上げる辺りから面白くなった。
段々と戦力が揃っていくのは観ててワクワクする。
実はリアルタイムでは途中で観るの止めちゃってたんだよね。
……無敵団の所で。「なんだこの茶番」って。
まぁそれはいいとして。
前作のゾイドアニメではあまり無かった集団戦とか大軍を使った作戦とかを重視した作風。
特にトラフ攻略は見入った、あそこは本当にアツかった。
個人同士の戦いではなく軍と軍のぶつかり合いをちゃんと描いてて、
あぁ戦争してるんだなって。

ゾイド
ムラサメライガーとかソードウルフが想像以上にチャンバラやってた。
ゾイドで刃物系の武器を使う時はすれ違いざまに斬るってのが殆どだっただけに新鮮。
ハヤテライガーのエヴォルトバンクもカッコ良かった。
ブースターが生成された所で一気に加速する所が好き。
あとブラストルタイガー、サーミックバーストはロマンだよね。
ゾイドサーガDSでも好きだった。

キャラ
特に気に入ったのはミィとフェルミかな。
「懐かしの正統派(?)ツンデレ」のミィ、ホントかわいいよ。
コトナとのダブルヒロインっぽいけどミィの方が見せ場多かった。
フェルミは声がいいね、気怠げなお姉さんで悪い人。


最初に書いた「元の案はゾイドではない」が原因なのか、ちょっと残念だった点が二つ。
1,討伐軍のゾイドがセイバータイガーばっか
ディガルド武国に反発して集った強者共、最初は有象無象の集まりでしかなく連携が取れずに大敗。
そんな所から始まったんだからゾイドも色んな種類が出てれば良かったのに。
何と無く制作側で登場ゾイドの種類に縛りが発生してるのは伝わって来る。
恐竜型が出ないのは敵が恐竜型のバイオゾイド軍団だから。
飛行ゾイドが出ないのは普通に空に向かえる奴らがいたら物語の根幹が崩れるから。
ライオンとゴリラが出ないのは……。
百歩譲ってライガーは主役の特別性を出す為に仕方ないとして、なんでゴリラも出禁になるのか。
恐竜×、飛行×、ライオン×、ゴリラ×。
ついでにケーニッヒウルフとエレファンダーは実質順レギュラー専用機。
その結果セイバータイガーまみれ、これが一番残念。

2,ゾイドがただのロボットっぽい
主人公たちの武器とか搭乗ロボットがゾイドに置き換わったのかなぁ。
無印以降は割と「意思を持った生き物感」が薄れてたけど今作は更にね。


異色作ではあるが設定として「惑星大変動があって全ての文明が滅びた後の世界」ってのが、
ある程度の違和感を「なら仕方ないか」と納得させてしまう。
ソラシティの文明の発展具合とかからも気の遠くなるような未来の話なんだなって。
ゾイドの生物感が薄れたのは物語的に考えると、
人間が改造しまくった果てに道具化が進んで惑星大変動でとどめを刺されたって感じ?
今や自らの意思表示をする事もなく、燃料無しでは動けなくなって……。
泣ける、地球人め。



今度ゾイドのスマホゲーが(また)始まるんだよね。
既に死んだコンテンツだと思ってるけど、やっぱり「もしかしたら……」と復活を期待してしまう。
期待しないでおこう。

スポンサーサイト
pictlayer
自己紹介

祷﨟

Author:祷﨟
どうか“mikatsuki-no-hora”
“tourou”と発音して下さい。

新しい記録
書架案内
訪れた人々
状況
月別の記録
検索欄