FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フューザーズ

ゾイドフューザーズ BD-BOX

一番の感想
「ライガーゼロファルコン滅茶苦茶かっこいい」
ユニゾンゾイドってただくっ付けてみましたみたいなのが多い中、
このゼロファルコンは見事に新たな一機体としてデザインが完成されている。
逆にジェットファルコンが合体前提の生物っぽくないデザインなのだけれど。
ボディは灰色の落ち着いた色に金色のアクセント、
逆に背負った武装部分は青い本体に真っ赤なバスタークロー。
そして何と言っても顔がイケメン過ぎる。
もしHMMで出たら絶対に欲しい。

ストーリーの方はなかなかスマートに纏まっていた。
最後は今まで戦ってきた仲間と巨大な敵に立ち向かう。
コンセプト的には同じゾイドバトルメインの/0と被ってしまうかと思いきや
全体的に結構差別化出来てたと思う。
と言うかフューザーズは試合的なバトルはそこまでしていなかったような……?

あまり評判が良くないブロックスゾイド。
僕はかなり思い入れがあって、それが動いて戦っているのを見れたのは嬉しい。
でもそのブロックスが如何にも玩具なデザインな所為もあって、
フューザーズ全体の雰囲気が少し低年齢向けに見えてしまう。
エナジーライガーとかグラビティゾイドもね。
元々海外向けに作られたアニメでゾイドの配色もビビッドにしてあるらしいから、
やはり前二作品とはちょっと毛色が違う。
当時ディスペロウとエヴォフライヤーも手に入れておけば良かったとかなり後悔してる。
レーザーストームまでは全部持ってるので。

あと女性キャラがなかかな良い人が多かった。


冬にはゾイドジェネシスだ。

スポンサーサイト

命が、幾つあっても

足りないなんて事はなかった。

紺珠伝レガシーノーマルクリア

使ったのは鈴仙。
エクステンドが多いしボムは三回まで被弾できるからゴリ押し気味に。
その三回被弾できるボム、
無敵時間の短さと「発動中は当たり判定が大きくなる」ってデメリットの所為で
実際に使ってみるとそこまで反則的な性能じゃなかった。
「三歩進んで二歩下がる」って言葉が相応しい。
レーザーだとか広範囲に渡って弾幕が濃いと多重被弾することもしばしば。
ピンチの時に残りの結界が一個になったらボム連打するべし。
あとボム使用中(=当たり判定肥大中)だと六面ボスとかEXボスとかの一部の弾幕が通れない。
もしかしたらギリギリ通れるかもしれないけどかなり難しいと思う。
まぁそれでも「三回まで被弾無効」はかなり心に余裕を持てる。
三歩進んで一歩半下がる。
ノーマルなら二面初っ端からボム発動しておいて
そのまま六面まで常にボム発動しておいた方が確実かな。
何だかんだ言って難易度は他の作品より高いし。

「有り余るエクステンド」も自分から取りに行かなくてはならない。
チャプター内でグレイズ数×敵撃破率(%)×50が百万点以上で残機の欠片。
欠片三つでエクステンド。
欠片三つというのはかなり気前がいいけど、グレイズがかなり重要。
敵撃破率が100%ならグレイズが200以上、60%なら334以上。
従来のグレイズに加えて、同じ弾に掠り続けるとグレイズ数が+5。
ボスの通常やスペルは撃破出来ればオプションがあっても撃破率100%になるから、
兎に角グレイズを稼げる所を見つけて稼ぐ。
場合によっては雑魚を数匹見逃してもグレイズに専念した方が良い場合もあって、
そこら辺を考えるのも楽しい。


残りの三機体も……その前にEXに行こうかな。
EXボスのBGMがかなり気に入っている。

1ミリ、違えば

クラシックギターの弦高を下げた。

IMG_20150806_210611.jpg


六弦を4.5mm→3.5mmに、一弦を4.0mm→3.0mmに。

これを買った当初は弦高が高くて凄く弾き難いとか思ったけど今ではもう気にならなく、
と言うかこれが普通なんだと思って自分の方が適応していっていた。
けど最近他人に高いと言われて「やっぱそうなのかな」と気になりネットで調べて、
やはり推奨される高さより高かった事を知って下げる事にした。
買ったそのままの状態だと大抵のギターは弦高が高いらしい。

自分でやるかなとか思ったけど、
デリケートな部分だし専門の人にやってもらうのが一番なので点検も兼ねて楽器屋へ。
値段も全然掛からずすぐに出来上がった。

こんなに変わるものなのか。
一二三弦が凄く押さえ易くなり、特に小指や薬指を使うのがスムーズになった。
這う様な動きが出来ると言うか引っかかりを感じなくなったと言うか。
その反面、5フレット以上で四五六弦を強く弾くとビビるようになってしまった。
これは想定していた事だし仕方ない、気になるって程ではないし。
あとフレットがピカピカになった。

もっと早くやってれば良かったなと思う。
たった一ミリと思うなかれ、やっぱり楽器は生物なんだなぁ。

もし、完全無欠

イージーレガシー全機体クリア。
強制ノーミスじゃなければ案外こんなもんだった。
逆に考えると、
もし過去の作品で完全無欠モードがあったらイージーでもヒーヒー言ってたのだろうか。
ノーミスクリアってそれだけ恐ろしい物だったんだね。

そして今はノーマルレガシー。
これもエクステンドがかなり多いので景気よくボムを使っていけば近い内にクリアできそう。

因みに今回バッドエンドは無いようだ。
omakeテキストの「二通り」ってのは本当に文面通りの意味でした。

諦めなければ、完全無欠

東方紺珠伝、夏コミから帰って風呂に入ったらその後深夜までずっとやっていた。

まずはストーリーとキャラと音楽を知る為にEASY。
体験版でも思った通り、このイージー全然イージーじゃない。
特に五面ボスと六面ボスの難易度が飛び抜けている。
これでイージーかぁ、とかノーマル以降を想像して頭が痛くなりつつ
イージー完全無欠モードは全機体クリア。
これでEXも開放。

新キャラは六面ボスが割と好みな感じだった。
簡単に出て来なさそうなポジションで今後どんな風に東方界隈に浸透していくか楽しみ。
体験版を見ると東方の最終章っぽい雰囲気だったけど蓋を開けてみるといつもの……?
いや、六面ボスとEXボスが一つ上の次元な感じだし、こいつらの登場で東方はどうなっていくのか。

BGMは六面道中とEXボスが良い感じ。



イージーの完全無欠モードのリトライ回数はクリア順で
早苗96、霊夢47、魔理沙49、鈴仙24。
イージーでこれですよ。
この紺珠伝、グッドエンディングが二種類あって、簡単に言えば完全無欠ENDとレガシーEND。
レガシーモードでもクリアしないとエンディング全回収出来ないようだ。
システム的にバッドエンドもレガシークリアだね。
イージーレガシー頑張るか。

そしてノーマルモード、言わばここからが本番。
完全無欠モード、早苗クリアは出来た、出来ましたけど……。
リトライ回数309回、時間にして二時間くらい。
このノーマル全然ノーマルじゃない。
そうは言っても四面までならパターン覚えてボムの遣り繰りでノーミスで行けると思う、多分。
凶悪なのはイージーでもその難易度に驚いた五面六面ボス。
いつもの東方で言えばルナと同等かそれ以上なんじゃないかな。
まず五面ボスのライトセーバーみたいなレーザーでこの作品の恐ろしさに気付く。
そして六面ボス、「文花帖でやれ」「弾ジャクでやれ」そんな言葉が絶対に出て来る筈。
何回も被弾してリトライしている内に本当に文花帖をやっている気分になる。
スペルもそうだけど通常も難易度設定間違えてるんじゃないのかと思う程、隙間が狭い。
通常2で特に印象に残ったけどイージー→ノーマルの難易度上昇がおかしい。
ハードやルナがどんな風になってるかまだ見てないけど、
ノーマルにばら撒きを追加するくらいしか思い付かない程
隙間の無さと弾の速さは限界に近くなっていた。
そんなこんなでリトライを重ねに重ね、トータルで見ればノーミスクリア(偽)。
完全無欠はリプレイを取れないのが残念。

今回は過去最高の難易度と引き換えに無限リトライのお陰で「諦めなければ」クリア出来る。
「次こそは」と呑み込まれるか「もう嫌だ」と折れるか、そんな作品でした。


omakeで「エクステンド沢山するから実はクリアだけならレガシーの方が簡単」とか言ってるけど、
ホントかなぁ。
確かに「強制ノーミス」でないならあるいは……。
プラクティスは完全無欠・レガシー共通なのでノーマル完全無欠を全機体クリアしたら、
イージーレガシーを経てノーマルレガシーに挑戦するつもり。

EXはいつも通り残機あり、レガシーモードだけ。
完全無欠前提の難易度ではないと思うからもしかしたらノーマルより先にEXクリアしちゃうかもね。
まだEXボスのスペル全然見てないけどそんな希望を持つ。

C88

夏コミC88、今年も行ってきました。
いつも西待機列に並んで東館に行ってるけど、
今回はいつもとはかなり離れた場所に飛ばされて驚いた。
何か状況を見誤ったかと思っていたら大移動があって
最終的に開場の時間にはいつもいる辺りまで到達。
並び方がいつもと違ったのね。

雨が降るかもしれないとか予想されていたのに雨具を忘れたり、
夏の最重要装備品の団扇&タオルの団扇を忘れたり準備に間が抜けていた。
でも結果は曇り、風も幾らかあってなかなか易しい夏コミだった。
団扇無しで日が照っていたら危うかったね、多分。


今回行く所が少なかった事もあって、
ゲーム:1
CD:4
本:22
財布にも優しい結果に、久々に予算以内に収まった。
浮いた分が委託漁りに流れない事を。
そして「ゲーム:1」は勿論紺珠伝の事。
さっさと帰ってそのまま深夜までやった。

あと三日目にネコぱらのvol.0。
僕は三日目は行かないから通販で予約、こっちも楽しみ。

pictlayer
自己紹介

祷﨟

Author:祷﨟
どうか“mikatsuki-no-hora”
“tourou”と発音して下さい。

新しい記録
書架案内
訪れた人々
状況
月別の記録
検索欄
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。