FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

今は、好き?

第11回東方Project人気投票
前年は投票しなかったりその前の年はそもそも実施されなかったから久々。
久々なので投票。
キャラも曲も特に吟味せずにフィーリングで選んだ。
パパッと出た選択が純粋な回答と思って、好みは一瞬一瞬でさえ変わってしまうし。

キャラ
お燐(イチオシ)
パチュリー
輝夜
阿求
はたて

99割ビジュアルで選んでる様子。
東方に限らずキャラクター(特に美少女キャラ)を性格とか経歴みたいな中身で見るのって
僕はあまりしないかもしれない。
あえて言うならば、はたての向上心に溢れ前向きな性格は結構好き。
はたてくらいかな、東方の中でのそういうのは。
東方キャラってなんか掴み難いよね。
昔の人気投票とかキャラソートのメモがあったので見てみたら、
アリスが毎回五位内に入ってて驚き。
当時の気持ちは全く思い出せないけど、アリス好きだったのね。




不思議なお祓い棒(イチオシ)
幻想浄瑠璃
輝く針の小人族
始原のビート
Witch of Love Potion
天鳥船神社の結界
牛に引かれて善光寺参り

トレンドは輝針城。
他の作品より滅茶苦茶長く続いている、輝針城ブーム。
輝針城は本当に良い曲ばかり。
特に好きなのはやはり不思議なお祓い棒。
本当は道具達の方にも投票したかったけど枠が勿体ないので。
最高のタイトル曲で最高のスタッフロール曲。
「綺麗」の一言が相応しい美しく泣かせるメロディに盛り上げる展開、
明るさと寂しさの波が頭から離れない。
スタッフロールでは納得のエンディング感。
曲と連動した演出で、最後に出る「遊んでくれてありがとう!」。
いつも「クリアしてよかったー」と思ってしまうような、やりきった感のある曲です。
幻想浄瑠璃は僕のイメージでは「闇」とか「悪」。
凄く悪役っぽいダークな雰囲気が滅茶苦茶カッコいい。
小人族と始原のは語るまでもないかな。
好みの曲は何度も代変わりしてるけどWitch of Love Potionだけは変わらず「凄く好き」のまま。
この曲が好きなポイントは不思議なお祓い棒と一致しているかも。
綺麗で明るく寂しく泣かせる。
鳥船結界は……ちょっと表現が難しいけど結構気に入っている曲、夏を感じるんだ夏を。
善光寺はノリが良くてとても楽しい、これをギターで弾けたら絶対に楽しい。


結果はどうなるのかな。
霊夢とセプテット。
スポンサーサイト

農業、という使命

ルーンファクトリー4

手放せなくて生活に支障をきたすレベル。
切り上げ所が見つからないんだよね。
今日が終わるまで→起きる、水遣りだけでもしとくか→住人へのあいさつもしとくか。

第三部まで終わり、ストーリー的にはここでクリア。
でも本番はここからなんだ、
出荷率100%、施設の増設、オーダー、サブイベント、トロフィー、住人の分を含め最強装備、
住人とモンスターのレベルアップ、各種種と魔法レベルMAX、シアレンスの迷宮、あと結婚出産。


現在三年目の春の月。
種のレベルアップは序盤からやってたから既に金剛花と金のカブ以外は樹木も含めて終わっている。
大きな作物も残りは上の二つだけ。

IMG_20150522_000443.jpg

IMG_20150521_235913.jpg

このソフトはスクショが撮れない、なんでコミュ無いの。

出荷率も序盤からこまめに埋めてきたからいいかんじ。
なんだけど、ここから埋めるのが大変なんだよね。
レシピを覚えるためにシアレンスの迷宮に潜らないといけないし、
そのシアレンスの迷宮は推奨レベル300、で現在のレベルは191。
必要な素材も手に入り難いのが多数要る、ルーンの結晶お前だよ。
最強装備を作るのにはもっと色んな素材が要るし……。
あと施設の増設、木材と石材が千個以上とか気が遠くなる。
金も王子ポイントもどんどん溜まって行くけど木材石材だけは頑張らなきゃ溜まらないんだよね。
トウモロコシ量産して一応準備は出来てるんだけど、千個以上って……。

まだまだ忙しいけど作業量的には序盤よりも大分楽かな。
難易度が低く、やらなければならない事とやれる事が沢山ある序盤は本当に忙しい。
最近は畑仕事が朝八時頃には完了するからその後はずっとレオンカルナクで素材集め。
スローライフゲームはいつ始まるのか。


サブイベントはランダム発生なのが結構キツい。
第三部も三年目(実質二年目)に入ってからだったし。
サブイベントコンプはもしかしたら諦めちゃうかもなぁ。
諦め要素といえばシアレンスの迷宮の最高難易度は推奨レベル1000らしいじゃん。
諦めた。
今回アクション難しいし。
そして出荷率100%には推奨レベル450までは行かなければならないみたい。
えっ!?トロフィーの一つはLv1000記念だって!?
やり応えのある……。



1ではフィル、3ではさくやと結婚した。
今回は誰にしよう。
プレイする前、公式サイトとか見てる時はコハクがいい感じかなとか思ってたけど、
今はマーガレットに興味が行っている。

IMG_20150522_000711.jpg

面倒見の良いお姉さん……なのか?
文字にするとなんか違う、お姉さんじゃなくてしっかり者の同級生みたいな?
特に気にしていなかったけど、だんだん気に入っていったパターン。
あと衣装がいい、腰回りとか。
キャラ紹介では先頭だったからメインヒロインなのかと思いきやパッケージにはいない。
4は誰がメインヒロインとかないようだ、オーシャンズはどうなってるんだろう。

因みにレストを見た時の第一印象「これ農業する格好じゃない」。
今までの主人公が割とアクティブな恰好だったから割と違和感があった、マントの所為か。
今回は「職業:王子」でもあるからロイヤルな恰好になったのかな。
畑仕事は王子の仕事。



IMG_20150522_000959.jpg

3ではかなり人気があったというトゥーナ。
今回ので初めて「あっいいかも」って思った。
やっぱ立ち絵って大事。
3のユエも良かったなぁ、2もいつかやってみたい。



IMG_20150522_000108.jpg

セルザウィード。
四幻竜って幻の存在みたいなものじゃなかったのか。
アクナビートが喋った時も結構驚いたけど、
あれはまだポケモン映画に出て来るミュウツーとかエンテイみたいなイメージがあった。
日頃から町の人と交流があって普段からお目に掛かれるとは……。
制作側の四幻竜のイメージって1の時から絶対に変わってるよね。
アクナやセルザの所為でプロテグリードがただの珍しい獣みたいに見える。


ルーンファクトリー楽しい。

深/紺

深秘録
システムは心綺楼に比べて簡単になってて格ゲー苦手でも分かり易くなっていた。
ラストワードも多少は撃ち易くなってると思う、
ボールを四つ集めたら撃てるってシンプルさがいい。
COMのルナティックにギリギリで勝てるか勝てないかまで行けるようになった。

ストーリーはこれまでの黄昏作品と違って、
全てのキャラを通して一つの話になっていた。
エンディングがエンディングでないと言うか、他のキャラに続くと言うか。
大筋とは関係の無いキャラもいたけどね。
そんな構成のお陰で全キャラのストーリーを埋めるのが楽しかったかも。

そういえば華扇の能力は判明しなかった。
やっぱり茨歌仙で明かすのかな、出張作品で判明するのもあれだしね。
新キャラは……、びっくり。
紺珠伝の方と合わせて東方はこれからどうなって行くのか。



紺珠伝
難しい、イージーがイージーじゃないし、ノーマルがノーマルじゃない。
ノーマル三面ボスの通常とか永夜抄あたりのルナで出てきそうな感じだ。
CD版体験版はいつも難しいらしい、今回もそうならいいけど。

「完全無欠モード、ノーミスクリアを目指すモードです」
ええぇっ。
「(鈴仙の)スペルカードは敵弾に三回まで当たっても大丈夫」
えええぇっぇぇぇっ。
「今のを無かった事にする」
おおぉ……。

「未来を体験する」これが何の事だか分かった時のなるほど感。
さぁいくぞ→ピチューン→という未来を見たのさ、さぁいくぞ→ピチューン→という未来を見たのさ、さぁいくぞ→ピチューン→という未来を見たのさ、さぁいくぞ→ピチューン→という未来を見たのさ、さぁいくぞ→ピチューン→という未来を見たのさ、さぁいくぞ
って事ですよね!?
強制ノーミスのリトライを上手く設定に入れたなと思った。


ストーリーが深秘録から地続きなのも驚いた。
設定部分だけじゃなく会話の中にも深秘録の事が出てきたし、
ここまで作品間で繋がりが前面に出てるのは初めてかな。
今回の異変の規模や内容と合わせて東方はどうなってしまうのか。
一部で言われてるように、とても最終章っぽい。

曲は三面ボスの曲が良かったかな。
普通に聴くよりもゲーム中に聴いた方がノれるタイプ。
ター↑ラッ↓ ター↑ラッ↓ ター↑ラッ↓ター↑ラッ↓

完成が楽しみだ。
……それまでに地霊殿のEXコンプしないと。

例大祭12

今回も余裕かと思ってたら外に並ばされて大変だった。
待機列の話。


IMG_20150518_100941.jpg

CD十枚、本三十六冊、ゲーム二本。


休止してたとあるサークルが復活して、二年くらい前に買い忘れたCDを買えたのが嬉しかった。
そして今回も一枚買い逃したCDが一枚。
サークルチェックしてる時に「新刊無しか、今回ここは行かなくてよし」なんて思ってたら
他のオンリーとかのイベントでの新刊があったりするんだよね、不覚。


体験版とかプレビュー版とかは買わないタイプだったけど紺珠伝体験版。
最初は真っ先に黄昏に並ぶつもりだったけど、
web版が出るのが大体夏コミの一か月前という点と、
最近上海アリスの列を捌く速さに安心感を持てるようになってきたから、
こちらに先に並んで、いつもは買わない体験版を買った。
列の長さに対して進む速度が速い速い。

pictlayer
自己紹介

祷﨟

Author:祷﨟
どうか“mikatsuki-no-hora”
“tourou”と発音して下さい。

新しい記録
書架案内
訪れた人々
状況
月別の記録
検索欄