FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振り返って一息、一つの世界

三年前の冬から読み始めた京極夏彦の百鬼夜行シリーズとそれに繋がる他のシリーズ。

文庫本になっている分をこの前漸く全て読み終えた。
いやぁ長かった。
まだシリーズは終わってないけど、振り返れば本当に長い道を歩いて来たように感じる。
百鬼夜行シリーズ」の本編と外伝をメインに
巷説百物語シリーズ」「江戸怪談シリーズ」「ルー=ガルー
を作品同士の繋がりが分かり易いであろう順番で読んだ。
分冊文庫版があるのは分冊版で、分厚いと持ち難く読み辛いからね。


姑獲鳥の夏
魍魎の匣
狂骨の夢
鉄鼠の檻
絡新婦の理
塗仏の宴 宴の支度
塗仏の宴 宴の始末
百鬼夜行――陰

ルー=ガルー
百器徒然袋――雨
今昔続百鬼――雲

嗤う伊右衛門
巷説百物語
続巷説百物語

覘き小平次
陰摩羅鬼の瑕
後巷説百物語
百器徒然袋――風
邪魅の雫

ルー=ガルー2
前巷説百物語
西巷説百物語


こんな順番で読んだ。
姑獲鳥から塗仏まで一区切り、
百鬼陰でそれまでの話のサイドストーリー、
百鬼陰の中にルガルの前日談があるので次にルガル
続いて出版順に百器雨続百鬼雲
次は陰摩羅鬼だけど後巷説陰摩羅鬼と繋がってるのでここで巷説続巷説
更に巷説続巷説伊右衛門小平次と関係してるからこの四つで出版順、
上記の通り陰摩羅鬼を読んで後巷説
出版順で百器風邪魅
邪魅に繋がっているのでルガル2
続いて前巷説西巷説で文庫制覇。


本当は百鬼夜行――陽がルガル2の後に来れれば良かったんだけど、文庫になってないので。
デカイ本だと嵩張って持ち運べないし重くて読み難いからね。
あと数えずの井戸も同じ理由で文庫化待ち。
いつになるのやらね。


特に面白かったのは、

やっぱり「魍魎の匣」が一番に来る。
読み終わった当時も書いたけど、中間ラストからの流れがとても凄いんだ。
あれは正に「息をつく暇も無かった」って感じかな。
冒頭の語りとかスプラッターな事件みたいな例のアレにビビビっとくる雰囲気もなかなかのもの。
これは一度は読んでおくべき小説だと思う。

「塗仏の宴」
只でさえ長い京極小説が前編後編に分かれている。
確かにページで見ると凄く長いけどその分登場人物と個々の話が多く、
前の五作品からの再登場人物や後日談と真相みたいなのもあって割とサクサク読めた印象がある。
「断片化した出来事が収束していく」って言うこのシリーズの醍醐味みたいなのも
この作品はスケールが大きく読み応えがあった。
ただ真相の「一家全員が……」ってのはちょっと笑った、超展開ワロタ的な。
あと百鬼夜行シリーズのラスボスであろう人物が初登場する話でもある。

「今昔続百鬼――雲」
センセイと沼上さんの凸凹コンビがとても面白い。
ちょっとラノベ的な軽い感じでかなり読み易い作品じゃないかな。
続編が読みたい、この二人の活躍をもっと見てみたい。

「続巷説百物語」
短編集ではあるがそれぞれの話が「七人みさき」と言うキーワードで繋がっていて、
最後に今までの出来事の黒幕との戦いと言う展開。
江戸時代、小悪党達のアクティブな活躍。
御行一味が凄くカッコいい。

「ルー=ガルー2」
前作「ルー=ガルー」も面白かったけどこれは更にテンポよく話が進んで一気に読んだ。
データ社会化が進んだ近未来と言う舞台設定が前作以上に上手く活かされてた。
美緒の心強さと言ったらもうね。
ハッキングだの自作兵器だのチートキャラの活躍ってイイ。



と、ここまで来てあとは百鬼陽と数えずの文庫化を待つだけ……。
なんだけど百鬼夜行シリーズと繋がって無い他の京極作品も読みたくなってきた。
どすこい、厭な小説、死ねばいいのに、幽談、etc...。
まぁでも当分は本は読まないかな。

しかし今までほぼ京極作品縛りみたいな感じだったから他の本にも手を付けたいなぁ。
最近平成仮面ライダーの小説なんてのが出されたし。
でも多分暫くは読まないかな、多分。


スポンサーサイト
pictlayer
自己紹介

祷﨟

Author:祷﨟
どうか“mikatsuki-no-hora”
“tourou”と発音して下さい。

新しい記録
書架案内
訪れた人々
状況
月別の記録
検索欄
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。