• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

フォーシーズンプラスプラス

天空璋ノーマル&エクストラ全装備クリア

機体が四種だけのEXの方が先に達成。
初見では結構難しい事をやらされる気がするが、ネタが割れれば簡単。
と思いきや自機によっては難しかった。
ホーミングの霊夢は性能とEXの傾向がガッチリ噛み合って強く、
広範囲のチルノは以外になんとかなって、
高威力集中の魔理沙は火力でゴリ押せる分マシで、
貫通弾集中の文が難しかった。
ラストスペルが画面中を大回転&妙に硬いから
前にしか撃てなくて威力もあんまりない(?)文は泣かされた。
あと後戸の狂言も。

チルノはEXも会話が面白かった。


ゲーム本編の方は機体が16あったので大変。
こっちは性能的な分類は「キャラ」じゃなく「季節装備」で考えた方が合っていると思う。
季節開放の性能で大分立ち回りが変わってくるから。

春:弾源に近付く必要がないから、一番安全。
夏:何度も撃てる一方で効果範囲が極小なので、どこで使えば良いかに悩む。
秋:弾は消せても自分が無敵になる訳ではないから、結果的に冬みたいな使い方になる。
冬:最大レベルで弾源に突っ込んで開放!→ウン万点!!!!→キモチー

あと超大事なポイント。
ボムと違って「喰らい開放」は出来ないから、
ボムと同じ感覚で弾源に突っ込んだり緊急回避に使おうとするとあっけなく死ぬ。
そして追い詰められて焦って来るとボムボタンと開放ボタンを押し間違える。


次はハードに行くか、別作品をやるか。
ちょっとここらで紺珠伝リベンジしてみるか。


-----------------------

鈴奈庵のはなし
東方鈴奈庵七巻が出て完結した。
最終巻はいつものオムニバスと違い、全編通して一つの話。
東方の漫画作品と言えばまったり雰囲気な場合が多いから
最終巻のずっとシリアス調ってのは意外だった。

紫がやけに大物っぽいオーラで描かれてたり、
テーマや展開的にも二次創作を読んでいるような印象を受けた、悪い意味ではなくね。
導入ストーリーが終末的なシリアス展開っぽい紺珠伝が、
蓋を開けてみればいつもの東方だったので尚更。
こういうのもやるんだなぁ、って。


IMG_20170930_125739.jpg

表紙(左)とゲーマーズ特典カバー(右)
阿求可愛い。
鈴奈庵で一番キャラが掘り下げられたのは阿求だと思う。
掘り下げと言うか印象が変わった?
鈴奈庵以前はロリで病弱で薄幸ってイメージだった。
実は意外にパワルフなキャラ。時々思い出したように短命設定が出てくるけど。
短命故に、か。
小鈴という妹系キャラと絡むからロリイメージは完全に上書きされたかな。
鈴以前か鈴以降かで言われたら今の阿求の方が僕のストライクゾーンであるのだ。


最後の最後までシリアスで、
「もしかしたらこれマジで小鈴が……」とハラハラしていた。
結果的に東方的平和的解決したけど、
本当に最後の最後までどんな結末を迎えてしまうか分からなかった。
この最終巻だけで一つの作品に成り得るクオリティだったと思う。


未だに「東方の漫画作品の新しいやつ」と思っていたのに、
気付けば七巻で五年程やっていて完結していた。
絵が繊細で綺麗で、
ファンサービス的に色んなキャラがコマのあちこちに入り込んでいるのも面白く、
とても良い作品だった。


スポンサーサイト

終結は、唐突に

クリアしちゃったー、天空璋EXクリアしちゃったー。
修正パッチ来てないし取り敢えずスペプラ開放しようとEXやってたらクリアしちゃったー。


季節開放強すぎ。
そして久々に霊夢のホーミングのありがたさを感じた。

今回のEX、もしかしたら歴代最易かもしれない。
通常弾幕は小難しい事を要求しないシンプルな弾幕、
スペルは下から撃たれる事に慣れさえすれば季節開放をバシバシ撃って凌げる。
そして霊夢のホーミング弾。
他のキャラだと後方に撃つ手段が季節オプションしかないから……、
どうだろう苦労するだろうか。

下から撃ってくる弾幕が殆どだから初見殺しではあるけどクリアだけなら多分歴代最易。
だけど季節開放を封印したら……?
一気に歴代上位に入るんじゃないかな、やってないしやらないけど。
道中もスペルもこれに頼りまくりだったから。

紺珠伝の殺意しかない弾幕の数々は天空璋を見習ってもう少し加減してほしいね。
未だにEXのスペル全部見れてないんだぜ。


本編もEXも簡単な天空璋ですが、飽くまで季節開放と言うシステムのお陰。
スペルプラクティスはノー開放で行こうと思う。
一応使っても取得可能ではあるが、これはね。今の所。
で、季節開放縛るじゃん?
難しい、そりゃ難しいに決まってるよな。
五面六面のハード以降はかなり苦戦しそう。
特に六面のラストスペルは強制パワー0だから相当かかると思う。

季節の旅人

東方天空璋。
取り敢えずイージー全機体クリア。
四人×四季の16機、一日二機とかちょっとずつ埋めると精神的に楽。
ノーマルは春魔理沙でのみクリア。

今回の天空璋は簡単な部類、とよく聞く。
前回の紺珠伝があまりに難しかったので相対的にそんな評価なんじゃないかなと思う。
システムの季節開放(弾消し)を活用できないと、弾幕自体は結構難しいんじゃないかな。
スペプラの為にハードもやってみたけど弾幕の難易度は他の作品と比べても割と高め。

スペル中に季節開放で弾消ししても取得可能なあたり、
本当にガンガンこのシステムを活用する前提なんだと思う。

ただその季節開放も結構計画的に使わないといけないから、
パターンを組むまでが難しく、パターンを組めたら一気に簡単になるタイプの作品。
感覚的に似ているのは神霊廟だけど、あれよりかはミスによるパターン崩壊の影響が大分少ない。
あと弾が沢山ある所で高レベル季節開放をぶっぱするのはかなり癖になる。
どこで開放したらおいしいか探すのがとても楽しい。


キャラ
あうんちゃんが気に入った。
あうん自体は三面のボスだから体験版の時点で情報は出回ってたけど、
今回例大祭に行かなかったりweb体験版が無かったので製品版がほぼ初見だったので。
新キャラにこんなに可愛い娘がいたのね。
東方キャラでは珍しいあまり捻くれてない「いい子」。
二次創作の忠犬系椛の「文さま文さま~」が「霊夢さん霊夢さ~ん」になった感じ。
霊夢のエンディングにも出てきてそこでの台詞もね、いいんだ。
なんと言うか今回のキャラ同士のやり取りは「優しい世界」みたいなのがいつもより多い。
そしていつも通りな部分も健在である。
チルノのストーリーの会話はあれ絶対けものフレンズの影響受けてるよな。
チルノストーリーはギャグ的な部分が結構笑えた、五面とかバッドエンドとか。


音楽
特に気に入ったのは四面道中曲「幻想のホワイトトラベラー」と、
そのアレンジでスタッフロール曲の「白い旅人」。
あのメロディはかなり記憶に残る。
凄く爽やかで道中で弾幕を避けている時は爽快感があるし、
エンディングで聴けば「ああクリア出来たんだな」って達成感を感じさせてくれる。
そしてちょっと話題になっていた過去の曲とマッチする二曲。
今まで神社を見守っていたあうんの曲は「永遠の巫女」と、
幻想郷創造の賢者の一人である隠岐奈の曲は「ネクロファンタジア」と。
ZUNもこんな分かり易くクサイことするようになったんだなぁと思う。
六面ボス戦はネクロファンタジアを歌いながらやると楽しい。
他には五面ボス曲「クレイジーバックダンサーズ」。
あの怪しく不安定な雰囲気はハマる。



不具合がちょっと気になるから、
パッチが来るまではノーマル以上の攻略は止めて、スペプラ埋めかな。
むしろノーマルより先にEXをやるか。

第四次地霊殿制圧

地霊殿Hard全機体クリア
成し遂げた。

hard-ti.jpg

今の実力ギリギリでクリアできる難易度かな。
クリア順は
パチュリー→文→紫→萃香→にとり→アリス。

今一番言いたい事、「アリス装備弱すぎ」。
にとりも中々かゆい所に手が届かない性能だがアリスはマジでやばい。

H-resu.png

表を作ってみた、注目すべきはアリス。
五面突入で残機6なにの六面突入は残機0。
何が弱いってショットが弱い、弾幕が薄すぎて広範囲のくせに雑魚を撃ち漏らし過ぎる。
あとボムも「沢山撃ててオーラ撃ちが超威力」が売り文句だけど、
ショットの弱さの所為で減ったパワー回復が困難。
「決めボム→パワー減って倒しきれない!→もう一発ボム!」のパターンの多さ。
これだから五面との相性が最悪、まさか残機0になるとは思わなかった。

一方で攻略wikiにも書いてあったけど六面突入で残機0でもなんとかなる、マジで。
安定させられる箇所が多いからエクステンドが一回、場合によっては二回できる。
そしてパワー0になるのも普通にあり得る。
ノーマルやってる時はあまり思わなかったけど
言われるとおり真のラスボスは五面/お燐か。
ラスボス(ゲーム)、ラスボス(難易度)、ラスボス(設定)。

文装備は一見反対側のショットが勿体なさそうだが片側だけで十分な威力・範囲が補えて、
ボム性能が「撃ったらそのままパワー回復作業」が可能なのが滅茶苦茶強い。


地霊殿は東方作品の中でもかなり楽しい。



次は輝針城H全機体クリアかな。
霊夢Aと咲夜Aであっさりクリア出来たと思いきや他の機体だと全然クリアできない。

天空璋はまだ届かない。
他の同人誌とまとめて発送にしてたから……。



ハードランナー

久々に東方のはなし

紺珠伝EXをクリア出来ていないまま次の整数作品が来てしまった。
というかレガシーノーマルすら鈴仙でしかクリアできてない。

それはそれとして、
地霊殿ハードノーコンクリアしました。
ハードシューターになって久しく、H全機体クリアとかやり出すレベルになってたけど、
これはめちゃくちゃ嬉しい。
だってあの地霊殿だもの。
使ったのは魔理沙Bこと安心と信頼のパチュリー装備。
広範囲、収束、尻撃ちが使い分けられるショット、
(精神的にも)決めボムにうってつけの局所型高威力ボム。
現状これ以外でクリアできるヴィジョンが浮かばない。

難しい部分はやっぱ四面と五面道中かな。
お燐や六面はもう吹っ切れて惜しみなくボムれるから。
道中はまぁ込み入った切り返しを頑張ればかなり安定する一方で
さとりはノーマルでは考えられないくらい脅威。
通常もスペルも凄く精密なことやらされる。
恐怖催眠術は最後まで安定しなかった、仕組みは分かっても惑わされる。


今までハード全機体クリアしたのは、
紅魔郷、妖々夢、風神録、神霊廟の四作品。
永夜抄は全ペアABクリアして、単体は手付かず。

全機体クリアした作品に限って言えば、
エクステンドや弾消しと言ったシステムをフル活用できればクリアできると思う。
重要なのは弾避けスキルではなく、危機管理残機管理ボム管理の方という事。
弾避けスキルはEXクリアが出来る程度の力量があれば十分かと。

ハード未クリアは星蓮船と大戦争、紺珠伝。
付け加えれば花映塚も。

次は輝針城H全機体クリアかな、こっちも意外に難しいが。
星蓮船Hはまだちょっといいです。


夏コミは行ってないので天空璋は委託待ち。
で、修正パッチが出るのは早くても十月頃だろうし本気で取り掛かるのもそのくらいかな。
まぁでも楽しみだ、とても楽しみ。

pictlayer
自己紹介

祷﨟

Author:祷﨟
どうか“mikatsuki-no-hora”
“tourou”と発音して下さい。

新しい記録
書架案内
訪れた人々
状況
月別の記録
検索欄